ブログパーツ

Powered by Six Apart
Member since 07/2008

酒のこと Feed

2011年12月13日 (火)

琥珀エビス

この時期限定のエビスって知ってます?

琥珀エビスってのがあるんです。

Imgp2867

普段、あまりビールを呑まない私ですが、好きなことは好きです。

まぁ、健康面とか経済面とかいろいろアレなので、せいぜい呑んでも第3のビールをちょこっと呑むのが関の山ですが・・・

ただ、たまの贅沢もいいもんですね。

琥珀エビスは、香りがよくて後味すっきり。味わい深いのでゆっくり呑めるビールですね。

地ビールとかでペールエールとかありますが、あんな感じ。

地ビールは高いですが、琥珀エビスで近い味を楽しめるなら、少し高いこの値段もありかも、とか思っちゃいますね~!

2011年9月20日 (火)

とんぼの昼寝

Imgp2216 前から興味があった「とんぼの昼寝」を呑んでみた。

麦焼酎と芋焼酎のブレンドってことで、中途半端な感じはあるが、それなりに美味しい。

樽香をつけた麦焼酎に似た感じ・・・かな?

「百年の孤独」とか好きな人にはいいかも。

まぁ、名前がいいですね。

なんとなく、休日の昼下がり、陽のあたる縁側で、ロックでチビチビ・・・なんてしたくなる。

2011年6月25日 (土)

OBSESSION SYMPHONY 2008

近くの酒屋で棚卸価格だったので、買ってみた。

Imgp1439  

カリフォルニアのIRONSTONE社の白ワイン。

これが大当たり。

モモのような爽やかな香りと、さっぱりとしてながら、ハチミツのように甘い後味。

微妙に発泡してる感じなんですが、これは劣化してるのか、あえて残してるのか?

どっちでもいいけど、素直にウマイっす。

これで880円は安い。買い占めてこようかな。

2011年1月25日 (火)

華十彩、伊佐錦

寒いです。

お湯割りが恋しくて休肝日を設けられないこぎたろうです。

高千穂で蒸留方法の違いを思い知らされたので、常圧蒸留の芋を探してみました。

華十彩はジャスコで購入。

最近、ジャスコであまり見慣れない焼酎を置いてる。

さすがの大資本ですから、旨い焼酎を探し出してきて大量仕入れ!なんてことをやってんじゃない?

と期待満々で買ってきました。

でも失敗したら怖いので半升瓶。

開栓すると、甘い芋の香りが一気に。

Imgp0864

おぉ、けっこういいかも。

ワクワクしながら呑んでみると、期待通り、クセがあるともいえる芋の香りが口中に広がる。

・・・でもそれがスッと消えちゃうんですよね。

後味がいいといえばそうなんだろけど、ちょっとアッサリしてて物足りない。

冬にじっくり呑みたいお湯割りには、口の中で転がしておきたくなるような甘みというか、コクというか、濃厚さが欲しい。

 

ちょっと残念な気持ちになりながら、白麹を試したくて買った伊佐錦を入れてみる。

Imgp0865

香りはこちらの方が少ない。

でもオーソドックスながら芋の味や甘みはこちらの方がある。

どちらかといえばこちらの方がお湯割りに向くけど、やっぱもうひとつだなぁ・・・

 

諦めてロックを試してみると、あら・・・うまい。

華十彩はロックにすると、香りをしっかり感じられてキレもある。

どうやら両方とも水割りやロック向きの酒だったようです。

もう少しあったかくなってから呑むようにするかな・・・

そういえば、芋麹というのを使った焼酎があるらしい。

呑んでみたいなぁ。

2010年12月15日 (水)

減圧 or 常圧・・・?

魔王の一件で、

いいことしたんだから、そのうち他にいいことあるんじゃない?

とヨメが慰めてくれました。

そしたら、ちょっと前に酒屋で何気に書かされた懸賞が当たっちゃった。

芋も麦も作ってる酒蔵なんて・・・とバカにしていた高千穂の懸賞です。

Imgp0629

左の麦を買ったら、備前焼のぐい呑み、ウサギの土人形、小さな高千穂が当たりました。

私は素焼きの風合いが好きなんで、備前焼はけっこう嬉しい。

しかも備前六姓のひとつ、木村氏の流れを汲む、木村一陽窯のモノらしい。

(まぁ、本家ではないみたいだけど)

さっそくお湯割に日本酒に大活躍。

それと、意外に楽しめたのが、高千穂のお試し瓶。

もともと買った黒いラベルの高千穂は減圧蒸留、このお試し瓶は常圧蒸留なんですね。

同じ酒蔵の作った麦焼酎で、蒸留方法が違うだけでどこまで味が変わるのか?

興味津々で呑み比べてみました。

 

するとですね・・・

全く違うんですよ。

もう別物って感じです。

減圧蒸留の高千穂は、まぁ普通に美味しく呑みやすい優等生な麦焼酎。

対して常圧蒸留の高千穂は、かなり荒々しい印象。

呑んだ瞬間、麦の香りとクセがガツンときます。

よく言えば香り高く、悪く言えば臭いって感じです。

好き嫌いのはっきりする焼酎になってますね。

最近、「減圧蒸留」ってラベルに謳う焼酎がどんどん増えてきているように思いますが、それだけクセがなくマイルドで呑みやすいんでしょうね。

個人的には、呑みやすい焼酎はあまり個性が感じられずおもしろくない。

なるほど、クセはあっても個性の感じられる焼酎を呑みたいときには、なるべく常圧蒸留のものを選べばいいわけですね・・・。

そういえば、決して呑みやすくはないけど、濃い麦の香りと甘みが大好きで、私の冬のヘビロテ麦焼酎になっている「泰明」は常圧蒸留

一方で芋焼酎とは思えないほど、クセがなく甘いフルーツのような香りで爽やかに呑める、夏のヘビロテ焼酎の「海」は減圧蒸留

フルーツのような香りは、どうも黄麹を使用しているためのようです。

おぉー!おもしろい!

これまで勉強もせずに焼酎を選んでましたが、麹と蒸留方法に気をつければ、ある程度焼酎の個性が見えてきそう。

きっかけを与えてくれた高千穂に感謝!

2010年12月12日 (日)

魔王のイタズラ

焼酎の湯割が美味い季節になってきました。

たまにはちょっと変わった焼酎を呑もうかと、いつもと違った店でネット通販。

注文したのはコチラ。

Imgp0593  

紫芋の焼酎、紫王道

呑んだことはなかったけど、1升瓶で2000円前後と安かったので・・・

数日たって、自宅に焼酎が届き、ワクワクしながら開けてみると、ネットの画面で見ていたのとは違う白いラベル。

???

箱に入っていたのは・・・

Imgp0590 

なんと魔王でした。

芋焼酎を呑まない人はわからんと思いますが、芋焼酎の中でも3Mと呼ばれるプレミア焼酎があります。

森伊蔵・村尾・魔王がそうなのですが、これらは1升瓶で1万5千円~3万円!という高値で取引される、多分私が一生呑むことはないだろう焼酎なんですね。

それなのに!来ちゃったんですよ!

我が家に魔王が!!

w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w

どどどどっどうしよう!?!?

これは神様からの・・・いや魔王からの贈り物なんでしょうか?

そうに違いない!んじゃありがたくいただくべき・・・!?

・・・ん~、でもさすがに気がひける・・・(小心者)

かなり悩んだんですが、やっぱり店に電話してみることしました。

 

こぎ)あの~先日、そちらで焼酎を注文したんですが、どうも品が間違ってきてしまったみたいで・・・

店)そうなんですか!すみません。すぐに発送しなおしますので・・・

こぎ)いや、あの、また送料もかかることですし、そちらさえよければ私はコレでもいいんですが・・・

店)そうなんですか・・・?ありがとうございます。あのちなみに、何が届きましたかね?

こぎ)えっと、あの、魔王なんですけど・・・

店)はい?魔王?魔王ですか?・・・・・・ちょっと待ってください。担当のものと相談してまいります

・・・・・・・・・

店2)もしもし?えっと、大変申し訳ないんですが、やっぱり交換させてください!

こぎ)そうですよね~!そりゃそうですよね~(=´Д`=)ゞ

 

ってことで、魔王は帰っていってしまわれました・・・。

まぁ、プレミア焼酎って言っても、原価は他の焼酎と変わりませんし!

呑んだ人は「他のと変わんないよ?」なんて言ってますし!

魔王はわりとあっさりしてるらしいので、私の好みと違いますし!

しばらく自分に言い聞かせるこぎたろうでした・・・

 

ちなみにあらためて届いた紫王道はとっても個性的な味。

紫芋の香りと甘みをすごく感じられますが、好き嫌いがはっきり分かれるかなぁ・・・

ちなみに私は・・・アリっちゃアリだけど、多分また買うことはない・・・

2010年11月22日 (月)

ワイン

今年のボジョレーも解禁ですね。

ここ2,3年は、大阪のパパさん友達とヌーボーパーティーをやっていたのですが、私の派遣勤務に加え、友達家族も引っ越してしまったので、今年はできなくなっちゃいました。

なんとも淋しい限りです。

もうこの際、ボジョレーヌーボーは封印しようかと思い、買ってきたのはガメイヌーボー

(ウソ。単に安くて美味しいと聞いたので)

Ca3g0447_2  ボジョレーのあるブルゴーニュ地方の南西、ガイヤック地方で作られるワインの新酒。

解禁日が早いため、船便で運ばれてくる分、安いそうな。

 

飲んでみた感じ、ボジョレー以上にフレッシュ。

悪く言えばあっさりしすぎ。

香りも弱く、もう少ししっかりした感じが欲しかった。

まぁ、ヌーボーにその辺りを求めるのはお門違いかもしれないけど、ここ2,3年のボジョレーヌーボーは本当に美味しかった。

Imgp0529

少しフレッシュすぎて物足りなかったので、後日ヌーボーでないワインも買ってきた。

鳥取砂丘にあるワイナリーで作られる北条ワイン。

赤のヴィンテージイヤーは2007年だそうで、その年のワインを。

それでも1800円。

グラスに注ぐと、いつも飲んでる安ワインと違う、橙々がかったレンガ色の赤。

香りはそれほどフルーティじゃないけど、口に含むと思った以上に果実味が広がる。

しっかり渋くて重い。

赤ワインって感じをすごく楽しめるけど、あんまり冷やさずに常温で呑む方が美味しいかも。

 

こちらはスーパーのレジ横で売っていた500円のイタリアワイン。

Imgp0531

色合いはピンク色がかった紫。

見た目どおり、甘くてイチゴのようなフルーティさがあるけど、奥行きはない。

よく冷やしてパカパカ呑むには最高。

北条ワインとの違いははっきりわかるけど、普段飲むのがこういう安ワインばかりだから、自分的には十分美味しい。

 

北条ワインの美味しさも十分にわかったが、安いワインでも美味しく飲めると再確認できたことが収穫?かな。

まぁ、やっぱりワインは、ワイン好きな人と楽しく飲むのが一番。

素人の勘違いウンチクや的外れな感想も、楽しく呑むためのスパイス。

またみんなで飲みたいなぁ・・・

2010年9月 9日 (木)

Love you again

静岡出身の同僚が土産に黒はんぺんとか日本酒を買ってきてくれたので、同僚の部屋に集まって呑み会をすることにしました。

Ca3g0364

黒はんぺんは、イワシの旨味がしっかり!

これは美味い!生よりも焼いて生姜醤油が絶品でした。

もつカレーはご飯にかけるものではなく、もつのカレー煮込みという位置付けだそうな。

だから、このまま酒のアテになるのが正解。

繊細な日本酒には合わなかったものの、これまた美味し!

Ca3g0362

静岡土産だけでは足りないので、それぞれが料理をなんとなく持ち寄り。

焼き豚ホタテと大根のサラダ、それとえーと、カポエーラじゃなくて、カポナータ!

一人暮らしの男性が作ったものとは思えません。

盛り付けまで凝っていて、やりすぎ感まで感じちゃいましたが、とっても美味かった。

Ca3g0365

生ハムとモッツアレラチーズナスの揚げたの?これまた美味い!

日本酒にもぴったり合います!

Ca3g0366  

主役のお酒、臥龍梅!

むかし一度悪酔いして以来、日本酒がちょっと苦手になってしまってた私が、

もう一度・・・好きになってもいいですか?

と素直になれた、すばらしくふくよかでキメ細やかなお酒。

フルーティーな香りと旨味がぽわんぽわんと心地いい。

旨すぎるっす!!

 

いやぁ、とっても楽しい夜でした・・・!

2010年1月20日 (水)

Nec_0904

鳥取のウマい魚には焼酎が合います。

(酒量が増えた?)

芋焼酎が好きですが、麦、蕎麦もよく飲みます。

この中では「海」、「泰明」がレギュラー焼酎ですね。

通販でしか買えないレア焼酎ですが、プレミア焼酎ほどアホな値段が付いていない割にめっちゃウマいんです!

 

たまに浮気してウイスキーも呑みます。

蒸留酒は肴を選ばない上、次の日に残らないのでついつい呑みすぎちゃいますねdelicious

2009年1月 8日 (木)

泰明 呑んでみました

以前に記事にしましたが、通販で買った麦焼酎「泰明」呑んでみたのでレポートです。

一言でいって、むちゃくちゃクセのある麦焼酎です。
呑みやすさなんて一顧だにせず、麦焼酎らしさを追求していったらこうなるのかなというくらい、ガツンとくる味。

最初はロックで呑んでみました。

口に含んだ瞬間は甘い。

喉を通る刺激もいい。

ですが、後味!

これがもう、麦!

昔おやつに食べた「はったい粉」の味がします。

こりゃクセになったらたまらないってタイプの焼酎だなぁ、なんて言いつつも刺激が強すぎて口に合わんかもとたじろぐ。

で、今日はお湯割りにして見ました。

コレが正解!

ロックで呑んだときのような、強すぎる刺激とクセがほどよく取れて、香ばしい麦の香りとまろやかな甘さを堪能できます。

ものすごく骨太な感じの焼酎なので、多分お湯割りや水割りにして呑むのが正解なんではないかと。

いや、ホントおいしい焼酎です。

オススメですよ!