ブログパーツ

Powered by Six Apart
Member since 07/2008

うまいんだもの Feed

2012年4月29日 (日)

山菜

山菜の旬は意外と短い。

特に春の山菜は、ほとんどが新芽だったりするので、一週間ずれるともう食べらんないなんてことはザラだ。

で、そんな旬を私が知ってるかというと、はっきり言って知らない。

だもんで、イタダキものが超ありがたいわけで・・・(^^)

 

今回も知り合いのTさんから、葉山葵とタラの芽、コシアブラをいただいた。

20120429_190313

20120429_191725

葉山葵はわさび漬けも一緒にもらったが、家でしょうゆ漬けにしてみるとこれがウマイ!

蕎麦に乗せて食うとなんともいえない爽やかさ。

タラの芽とコシアブラは即日天ぷらにていただきました。

この時期だけのご馳走。至福ですなぁ~。

2012年3月 4日 (日)

赤カレイ

鳥取に来て、いろんな魚を食べたが、これまでの評価を一新したのがこの赤カレイ。

Imgp3209

旬の冬場には、お腹にたっぷりの卵をパルンパルン(byやぶきん旧HP(2010年11月記事))と詰め込んで、煮付けるとこれがもう!たまんない!!

プリン体がなんのその!喰わずにいられるかって美味さです。

Imgp3211

どうですかコレ!!パルンパルンでしょ♪

前に記事にしましたが、一夜干しを焼いて食うのもこれまたたまらない。

鳥取の冬の味覚、赤カレイ。

カニだけじゃないんですよ~、こんな美味しい魚もあるんです。鳥取には!

ちなみに、「やぶきん」は鳥取の郷土料理店ですが、上のブログのほかに、セカンドブログがあり、ここのはじけっぷりは清々しいほど。

いまは、新しいサイトを立ち上げて、小奇麗にまとまっちゃってますが、あの頃の破壊力が懐かしいです。

2012年2月22日 (水)

A-5和牛 食べ放題

近所に牧場直売所を兼ねた、焼肉レストランがある。

良心的な価格と、素晴らしいお肉でお気に入りの店。

なにしろ、木曜日にはホルモン食べ放題980円ってんだから、そりゃ尿酸値もうなぎ上りですよ!

水曜日には、週代わりで何らかの食べ放題企画をやってくれているのですが、この日はなんと、A-5和牛食べ放題!2500円!!

A-5といったら、肉のグレードの中で最高レベルですよ?

これはいかなあかんでしょう!

Nec_0664_2  

出てきたお肉がこちら。

うはぁ・・・霜降り!シーモーフッリ!

奥のはロースステーキですね。

わかります。

ちょんと添えられた山葵は、山葵醤油でサッパリと往けということですね。

これまた、わかります。

Nec_0666

焼いてみると、これまたいい香り。

ジュワーッと焼ける音がいいですね・・・!

口に頬張ると、アブラがほろっと溶けます。

霜降りロースなんかも、ホント柔らかい。

あぁ、至福・・・!

と喰い進めていたのですが、なんか自分自身、いつもより喰い放題に勢いがない。

ヨメさんも子供も、1皿目だというのに、なんとなく箸が動いていない。

なんのことはない、みんなA-5和牛のあまりのジューシーさに食傷してしまったのでした。

・・・そういえば、ヨメさんと付き合ってた頃、クリスマスにお取り寄せでA-5和牛ステーキを買って、最後まで食べきれなかったような気がするなぁ。

やっぱり庶民には、サシとか霜降りとかがバッチリ入った高級和牛肉よりも、スーパーで売ってる乳牛や外国牛の方がお似合いってことか・・・

結局2500円で元が取れたかというと、完敗だったような気がします。

もう、A-5和牛とかに釣られないぞ!angry

2012年2月14日 (火)

バレンタインデー

今年もいただきましたよ。

義理から、ヨメさんの愛情こもったチョコまで。

Imgp3120

Imgp3122

いつも、いいチョコをくれるお義母さんからは、今年も凝ったチョコが送られてきました。

うま~いです!

Imgp3134

一方、ネタに走るうちのヨメ。

今年は3人で分けろと、ZOOLOGYチョコをくれました。

Imgp3137

いやぁ、でもこれかなりデキがいいです。

食べるのがもったいなくて、なかなか減らないcoldsweats01

しかし、よく探してくるもんだ。

2012年2月11日 (土)

ナゾ土産 そして混乱の渦へ・・・

中国の工場にしょっちゅう出張するHさん。

いつもおもしろい中国土産をくれます。

今回のは、すごいぞ~。

20111229_173128_2  

左は四川風柿の種。

まさに四川!というお味で酒のつまみにぴったり!

山椒の味か、口の中がしびれるほど辛いのですが、なぜか子供たちお気に入り。

ちまちまつまんでいると奪われます。

上のラーメンは、まだ食べてない。

で・・・問題は右のブツ。

20111229_173144  

アップでみると、その恐ろしさが分かる。

デカデカと”悪魔の実”っぽい写真。

トゲトゲの実ってか、ドリアン?

類推するに、上の二文字の漢字がドリアンで、

ドリアン は歯ざわりがよい」

って書いてるみたい。

これだけでも・・・どゆこと?って感じなんですが、さらに追い討ち。

その左には、

「磯の香いたフぷク、」

「本格派ビーフを厳選しています」

の文字が・・・!

もう大混乱ですよね。

一体、オマエは何者なんだと。

てか、だれか日本語監修してやれよ、と。

もう突っ込むのにも疲れて、開けてみると・・・

Imgp3033

中から・・・さといもクッキーが・・・出てきました・・・

手作り和風しょうゆ味とか書いてます・・・

Imgp3035

うん。なんか、クッキーだね・・・

なんか、なにも考えられないというか、考えたくなくなってきました。

口に入れてみると、意外と普通のお味。

サトイモも、ドリアンも、しょうゆ味も、感じられまっせん!

いや、まずくはないけどね。ていうか、わりと美味しいけどね・・・

Imgp3037

裏の原材料表記。

あぁ、一応ドリアンつかってんのかな?

でもサトイモ使ってないよね・・・?

ついでにいうと、しょうゆも使ってないよね?

箱と小袋の表記が微妙に違うのはなぜ?

口笛はなぜ遠くまで聞こえるの?

あの雲はなぜ私を待ってるの?

 

メダパニくらったらこうなるんでしょうか?

いろいろと楽しませてくれたお土産でした。

Hさん、・・・ありがとう?

2012年2月 1日 (水)

いなば山

鳥取は、しょうがせんべいが結構たくさん売っていて、年配の方にはいいお土産になる(子供にはウケが悪い)。

職場でしょうがせんべいの話になったとき、休憩時間にフラッと出ていった上司が買ってきてくれたのが、京屋菓舗のいなば山

Nec_0644  

しょうがせんべいを薄く延ばしたような皮にアンコが包まれている。

これが絶品!

少し高いが、親への土産にしたら喜ぶんではないかな。

包み紙の裏には、855年に因幡守になった在原行平の百人一首16番、

立ちわかれいなばの山の峰におふるまつとしきかば今かへりこむ

が書いてある。

行平は2年ほど、因幡で過ごしたわけか・・・

2012年1月15日 (日)

扁炉とカキ

同僚のGさんからカキをいただいた。

電子レンジでチンするだけでウマイ!!

Imgp3032

ちょうど、この冬はじめての扁炉をやっていたので、一緒にいただく。

あぁ、シアワセ・・・!

2012年1月 5日 (木)

香川うまいもの

正月2日からは、ヨメの実家に移動。

うまいもの食いまくりながらゆっくりさせてもらいました。

こちらしっぽく。

Imgp2937

ミソ仕立てには納得できん、とヨメはぼやいてましたが。

ほのかに甘い白ミソが正月にはいい感じ。

Imgp2939

こちらもしっぽく。

寒いとつい注文しちゃいますね・・・

Imgp2947

お義父さんおすすめの店。

Imgp2943

なにしろ、たくさん出てきます。

写真は私のカキフライ。スプーンと比べると、カキの大きさがよくわかりますね。

お義父さんが注文した天ぷら定食には、3人前!?ってくらいの天ぷらが付いてました。

それで値段は普通の定食屋並みですから、お得感あります!

リピ確実で。

Imgp2976

こちら有名な山下うどん。

国道から細い川沿いに入っていく分かりにくい立地ながら、たくさんのお客さんで賑わってました。

Imgp2977

石垣には石臼が埋め込んである。

Imgp2975

中では年季の入った大釜でうどんがグラグラ。

香川の人が、うどん茹でるために大量の水を使うからいつも水不足になる、って冗談で言われますが、結構信憑性あるかもとか思ってしまうほどの大きさです。

Imgp2973

うどんはこんな感じの素朴なもの。

自分でしょうがをする店も少なくなりましたね。

でもすりたてのしょうがはやっぱりうまいです。

Imgp2978

香川からの帰りには、やはり外せません。

黒尾峠、しばたの鯛焼き。

春!?と思ってしまうくらい、暖かかった香川、岡山から鳥取に向かって那岐山を越えていくと、やっぱり季節が逆戻りします。

峠のドライブインから谷を見下ろして食べる鯛焼きは絶品なのですが、今回は寒すぎてムリ~。

2011年12月 6日 (火)

遠野のどぶろく「開拓」

どぶろく特区というのがあるのは知っていたが、これは特区第1号で作られた東北のどぶろく。

Imgp2848_2  

最近は、韓流ブームもあってマッコリが流行ってる。

確かに私も甘いけどすっきりしたマッコリはとても好きだ。

でもこのどぶろくはさらに上。

なんというか、臭みのない爽やかな甘み・旨味。

これはすごいね。

一本飲み干してしまう勢いで呑めてしまうくらいの口当たりのよさ。

あぶないっす!

2011年12月 3日 (土)

でかい梨

ヨメさんがでかい梨をいただいてきた。

剥いてみても一切れがでかいでかい。

Imgp2827

アータが持つと、まるでメロンみたい。

大味かと思ったら、意外なことにとても甘くて瑞々しい。

鳥取に来て、こんなにも多くの種類の梨があることを初めて知りました。

品種によって旬も違うし、長く楽しめる果物だったんですねぇ・・・

個人的には、赤梨がわりと好きなので、二十世紀よりも新品種の新甘泉が好み。

でも、鳥取のブランドイメージなのか、みんな二十世紀を送って!って言ってくるんだよなぁ・・・