ブログパーツ

Powered by Six Apart
Member since 07/2008

« 書初め? | メイン | 大雪 »

2012年2月 1日 (水)

いなば山

鳥取は、しょうがせんべいが結構たくさん売っていて、年配の方にはいいお土産になる(子供にはウケが悪い)。

職場でしょうがせんべいの話になったとき、休憩時間にフラッと出ていった上司が買ってきてくれたのが、京屋菓舗のいなば山

Nec_0644  

しょうがせんべいを薄く延ばしたような皮にアンコが包まれている。

これが絶品!

少し高いが、親への土産にしたら喜ぶんではないかな。

包み紙の裏には、855年に因幡守になった在原行平の百人一首16番、

立ちわかれいなばの山の峰におふるまつとしきかば今かへりこむ

が書いてある。

行平は2年ほど、因幡で過ごしたわけか・・・

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/352403/27887609

いなば山を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿