ブログパーツ

Powered by Six Apart
Member since 07/2008

« 2012年1月 | メイン | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月26日 (日)

鳥取中部の休日

疲れが溜まったときには、昼の温泉に限る!

その点、鳥取サイコー!

Nec_0668

誰もいない、羽合温泉の旅館(羽衣)の露天風呂・・・

冷たい外気に凍えた身体を湯船に浸ける・・・

あぁ、よき哉~!

Nec_0669  

風呂上りのコーラ。

Lサイズ押したのに、Mサイズカップが出てきてマケマケ。

こぼれた分の金、返せ。

Nec_0671

倉吉未来中心に移動。

前から気になっていたビックリちゃんぽんを食べる。

確かに大きい!んでも浅いんだよね~!weep

まぁ、良心的なお値段なのでこんなもんかと。

最初のインパクトに子供たちも満足したようだしhappy01

Nec_0674

未来中心の中では、はやぶさ展の開催中。

なんか、こういうのって「人類の明るい未来」って感じさせてくれるようで、いいよね。

2012年2月22日 (水)

A-5和牛 食べ放題

近所に牧場直売所を兼ねた、焼肉レストランがある。

良心的な価格と、素晴らしいお肉でお気に入りの店。

なにしろ、木曜日にはホルモン食べ放題980円ってんだから、そりゃ尿酸値もうなぎ上りですよ!

水曜日には、週代わりで何らかの食べ放題企画をやってくれているのですが、この日はなんと、A-5和牛食べ放題!2500円!!

A-5といったら、肉のグレードの中で最高レベルですよ?

これはいかなあかんでしょう!

Nec_0664_2  

出てきたお肉がこちら。

うはぁ・・・霜降り!シーモーフッリ!

奥のはロースステーキですね。

わかります。

ちょんと添えられた山葵は、山葵醤油でサッパリと往けということですね。

これまた、わかります。

Nec_0666

焼いてみると、これまたいい香り。

ジュワーッと焼ける音がいいですね・・・!

口に頬張ると、アブラがほろっと溶けます。

霜降りロースなんかも、ホント柔らかい。

あぁ、至福・・・!

と喰い進めていたのですが、なんか自分自身、いつもより喰い放題に勢いがない。

ヨメさんも子供も、1皿目だというのに、なんとなく箸が動いていない。

なんのことはない、みんなA-5和牛のあまりのジューシーさに食傷してしまったのでした。

・・・そういえば、ヨメさんと付き合ってた頃、クリスマスにお取り寄せでA-5和牛ステーキを買って、最後まで食べきれなかったような気がするなぁ。

やっぱり庶民には、サシとか霜降りとかがバッチリ入った高級和牛肉よりも、スーパーで売ってる乳牛や外国牛の方がお似合いってことか・・・

結局2500円で元が取れたかというと、完敗だったような気がします。

もう、A-5和牛とかに釣られないぞ!angry

2012年2月21日 (火)

みせてもらおうか、新しい炊飯器の性能とやらを!

ヨメさんと結婚して以来、使ってきた炊飯器が調子悪い。

炊飯できないわけじゃないんだけど、どうも内蔵のコンピュータがイカレつつあるみたい。

内釜も塗装がはげてボロボロだし、買い換えることにしました。

家電の買い物は大好きです。

ヨメさんそっちのけで、あちこちのサイトの評価を見ては、アレでもないコレでもない・・・と、こうして選んでるときが一番楽しいですね。

で、選んだのがコレ。

Imgp3192_2

日立さんのRZ-MV100Kです。

メーカーサイトに詳しい仕様がありますが、圧力釜に憧れてたのと、なにより内釜が丈夫そうなので、コレに決めました。

デザインもなんかカッコイイ。

なんか速そう。

やっぱ赤だね。

炊飯まで3倍速くなるとよかったんだけど、快速炊飯でも25分程度かかる。

ま、当たり前か。

圧力をかけた「極上炊き」はやっぱり美味しく感じるね。

てか、美味しくなってもらわんと困る!

2012年2月19日 (日)

スッポン

アータなんですが・・・ケツの穴の大きな漢なんですよ。

どれくらい大きいかって・・・?

流れてかないほどのブツをひり出せるほど・・・って言ったらわかりますかね?

こん棒みたいなソレがいくら水を流しても、排水口に引っかかって流れていかないことがしばしばあるんですよ。

で、ちょっと心配していたんですが、ついに詰まってしまいました。

どうも、排水パイプのどこかで、アータの漢らしいアレが引っかかってしまったみたいで、水が流れてかないんです。

これは、アレを買ってくるしかあるまいということで、急遽100円ショップにダッシュ。

Imgp3147

スーパーに入ってる100円ショップで、これだけ買ってくるのがどれだけ恥ずかしかったことか・・・

お前達にはわからないんだろうな・・・

特にアータ、お前のせいなんだけど?

 

納得いかないものを感じながらもシュポシュポすると、見事に流れてくれました。

いやぁ、人類の英知ですね。

100円ショップ万歳。

2012年2月18日 (土)

雪ダルマ?

毎日毎日、ホント今年は雪が多い。
Imgp3143

雪だるまも、だんだんマジメに作る気がなくなってくる・・・

2012年2月14日 (火)

バレンタインデー

今年もいただきましたよ。

義理から、ヨメさんの愛情こもったチョコまで。

Imgp3120

Imgp3122

いつも、いいチョコをくれるお義母さんからは、今年も凝ったチョコが送られてきました。

うま~いです!

Imgp3134

一方、ネタに走るうちのヨメ。

今年は3人で分けろと、ZOOLOGYチョコをくれました。

Imgp3137

いやぁ、でもこれかなりデキがいいです。

食べるのがもったいなくて、なかなか減らないcoldsweats01

しかし、よく探してくるもんだ。

2012年2月11日 (土)

ナゾ土産 そして混乱の渦へ・・・

中国の工場にしょっちゅう出張するHさん。

いつもおもしろい中国土産をくれます。

今回のは、すごいぞ~。

20111229_173128_2  

左は四川風柿の種。

まさに四川!というお味で酒のつまみにぴったり!

山椒の味か、口の中がしびれるほど辛いのですが、なぜか子供たちお気に入り。

ちまちまつまんでいると奪われます。

上のラーメンは、まだ食べてない。

で・・・問題は右のブツ。

20111229_173144  

アップでみると、その恐ろしさが分かる。

デカデカと”悪魔の実”っぽい写真。

トゲトゲの実ってか、ドリアン?

類推するに、上の二文字の漢字がドリアンで、

ドリアン は歯ざわりがよい」

って書いてるみたい。

これだけでも・・・どゆこと?って感じなんですが、さらに追い討ち。

その左には、

「磯の香いたフぷク、」

「本格派ビーフを厳選しています」

の文字が・・・!

もう大混乱ですよね。

一体、オマエは何者なんだと。

てか、だれか日本語監修してやれよ、と。

もう突っ込むのにも疲れて、開けてみると・・・

Imgp3033

中から・・・さといもクッキーが・・・出てきました・・・

手作り和風しょうゆ味とか書いてます・・・

Imgp3035

うん。なんか、クッキーだね・・・

なんか、なにも考えられないというか、考えたくなくなってきました。

口に入れてみると、意外と普通のお味。

サトイモも、ドリアンも、しょうゆ味も、感じられまっせん!

いや、まずくはないけどね。ていうか、わりと美味しいけどね・・・

Imgp3037

裏の原材料表記。

あぁ、一応ドリアンつかってんのかな?

でもサトイモ使ってないよね・・・?

ついでにいうと、しょうゆも使ってないよね?

箱と小袋の表記が微妙に違うのはなぜ?

口笛はなぜ遠くまで聞こえるの?

あの雲はなぜ私を待ってるの?

 

メダパニくらったらこうなるんでしょうか?

いろいろと楽しませてくれたお土産でした。

Hさん、・・・ありがとう?

2012年2月10日 (金)

100円ショップ工作

人工芝、造花、プラスチック鉢、電源タップ。

Imgp3023

電源タップ以外は100円ショップで調達。

これを組み合わせて・・・

Imgp3027

こうなる。

別にフラワーアーティストを目指しているわけではない。

Imgp3025

完成形。

充電台でした。

コード類がひとつにまとまってすっきりしたのと、充電場所を集中させて端末の紛失が防げる上、子供に踏まれない(←重要)のがメリット。

なかなかいい感じです。

2012年2月 9日 (木)

奈良

久しぶりに奈良。

大雪の鳥取に比べりゃ暖かいだろうと思って舐めてたら、雪が降る大変寒い日でした。

奈良駅近くのホテルに泊まったら、部屋の真ん中に柱があってビビッた。

Nec_0662

ここ、部屋にしていい部分か?

テレビ、見えないんスけど・・・

Nec_0663_2

学生時代、見慣れた奈良駅は、見事に移動を果たし、立派な新奈良駅ホームができてました。

うーん、違和感。

でも新ホームの雰囲気はいかにも奈良らしくてよかった。

2012年2月 4日 (土)

はじめてのスキー教室

コータがスキーに興味を持ったみたいなので、スキー教室に行かせてみた。

Nec_0656

すでにめっちゃ緊張してる・・・

まぁ、一人でも参加するってんだから、コータはエライ。

自分が子供の頃は・・・イヤっていっただろうな。

Nec_0658

スキー靴での歩行練習、横歩きに、ボーゲン、運動音痴なコータにはちょっとしんどかったようだ。

最初は楽しんでいたが、なかなか斜面を登れずに途中から泣きが入っていた。

Nec_0660 

半泣きコータ。

遠くで見ていると、先生の数が少なく、指導もヘルプも足りないような・・・

まぁ、ちゃんとしたスクールじゃないから仕方ないけどね・・・

でも諦めずに最後までやったコータはエライ!