ブログパーツ

Powered by Six Apart
Member since 07/2008

« 2011年5月 | メイン | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月26日 (日)

作品

最近思うんだが、アータは積み木遊びが上手、かも。

コータも決して下手ではないんだけど、組み方がワンパターンというか、あまり枠をはみ出さない。

アータの積み木は、色んなバリエーションがあって、発想が広いような。

こういうのも、個性なんでしょうね。

Imgp1442

 

積み木では、おとなしく正統派なコータも、絵ではなんだか自由。

Imgp1440

なんか、変なイキモノにアータが指名手配されちゃってます。

どんなシチュエーションなんでしょうか。

聞き出すと長くなりそうなので、ニヤニヤ見るだけでやめとこうっと。

2011年6月25日 (土)

OBSESSION SYMPHONY 2008

近くの酒屋で棚卸価格だったので、買ってみた。

Imgp1439  

カリフォルニアのIRONSTONE社の白ワイン。

これが大当たり。

モモのような爽やかな香りと、さっぱりとしてながら、ハチミツのように甘い後味。

微妙に発泡してる感じなんですが、これは劣化してるのか、あえて残してるのか?

どっちでもいいけど、素直にウマイっす。

これで880円は安い。買い占めてこようかな。

2011年6月19日 (日)

但馬牧場公園

梅雨時のお出かけは、行き先に頭を悩ます。

しばらく外に遊びに出てないし、ダメもとで但馬牧場公園に行ってみた。

案の定、雨が降っていたが、とりあえず濡れることのない牛舎へ。

中はとても清潔。

Imgp1415

やっぱり因幡和牛ともなると管理も行き届いてるんだろか。

なぜかヨメさんには、ゥゥモーーーーゥ!と、えらく警戒した声を上げていた牛たちも子供たちは平気なようだ。

頭を出して挨拶してくれる様子が可愛い。

Imgp1414

こんなに可愛いのに、いずれ肉になっちゃうんだろうか・・・

うーん、美味そう・・・!

まぁ、私の口に入るのは、まだ見ぬ豪とか米とかの牛なんだろうけどsmile

 

牛舎を出たら、少し雨が小降りになってきたので、ヤギ舎のほうへ。

Imgp1424

ちょうど子ヤギがお散歩中。

コータが張り付くようになでくりまわしていた。

いや、かわいいわ。

Imgp1426

一方アータは狙った子ヤギに逃げられる。

なんか、捕まえてやろう!って殺気が出とるんじゃないか?

2011年6月14日 (火)

モクズガニ

現場でみつけたモクズガニ。

一瞬茹でて喰おうかとも思いましたが、まだ美味しい季節でもないし、イキモノ好きのアータのために持ち帰りました。

モクズガニを見たアータは、速攻「飼いたーい!」とのご希望。

Imgp1411

モクズガニねぇ・・・飼えるかな?

とりあえず、ザリガニのえさでしばらく様子見よう。

2011年6月11日 (土)

ブルーベリー

ウチには、3鉢のブルーベリーがあります。

いずれも貰い物。

Imgp1403

そのうち、一番大きな株が実をつけました。

(小さな株は受粉後に花芽を摘んでいるので、今年は実がつきません)

Imgp1404

まだまだ緑で固い実ですが、収穫が楽しみ。

2011年6月10日 (金)

トノサマガエル

キレイなカエルですよね。

Imgp1402

海外の愛好家にも人気が高いそうな。

コータがトノサマガエルやトノサマバッタって、なんで「殿様」がついてるの?

と素朴な疑問をぶつけてきました。

個人的には、カラーリングが殿様っぽいからと思って、三十数年生きてきたのですが、ググってみると、単に大きさから付けられたのでは?との意見が多数。

う~ん、そうかなぁ。

なんか、百人一首とかその辺をイメージしちゃう模様と色なんですけどね。

あ、でも百人一首の詠み人は殿ではなく、平安貴族か・・・

2011年6月 8日 (水)

ニホントカゲ

最近、アータが高確率で捕まえてくるのがトカゲ。

カナヘビではなく、ニホントカゲです。

Imgp1401

またよく肥えてて大きい!

ここまで大きいと、恐竜っぽくてかっこいいですね。

思わず飼いたくなりますが、いろいろ大変なので、裏の公園にトカゲ王国を築いてもらうべく放流。

Imgp1380

いわれなき軟禁の仕返しとばかりにがっつり噛まれました。

スンマセン

2011年6月 7日 (火)

インド人完全無視カレー

思いっきり吹いた

インド人完全無視カレー

3食2980円は高いけど、興味あるなぁdelicious

こんな罠にかかりたくはないけど・・・!

2011年6月 3日 (金)

ウスバシロチョウ

久しぶりにアータのエモノ写真。

ウスバシロチョウ

Imgp1356

初めて見た~

透き通った翅は、どっかで小学生に鱗粉を落とされたんかなと思うほど。

シロチョウって和名だけど、シロチョウ科ではないらしい。

なので、新しい図鑑では括弧付きで「ウスバアゲハ」と書かれているものも。

とはいっても、特徴的な尾状突起もないし、逆にアゲハチョウ科って感じもしないけどね。

いろいろと、もやっとしたチョウです。