ブログパーツ

Powered by Six Apart
Member since 07/2008

« 100円パン | メイン | 顔を合わせるということ »

2009年7月 5日 (日)

鳥取ポタリング ~用瀬・智頭

天気のいい日曜日。

海方面にばかり行っていたので、山方面に行ってみようと、智頭に向かうことにしました。

前から気になっていた千代川沿いの因幡自転車道をのんびりとこぎこぎ。

Nec_0474

川面を渡る風は爽やか。

山登り前のアキアカネが並走してくれます。

とっても気持ちのいい道ですが、5キロほどの道のり、誰ともすれ違わなかったのが鳥取らしいっちゃ、らしい・・・

智頭までは国道53号線を南下していけばいいのですが、大きな国道沿いはあまり景色もよくなく、車が結構飛ばしているのであまり走りたくない。

だもんで、旧道とかの裏道を走っていたのですが、そこは方向音痴のこぎですから、バッチリ道を間違えました。

いつの間にか山を登ってる・・・

どんどん民家が少なくなる・・・

まぁ、この段階で道を間違ってるのは明らかなんですが、いつも行けるトコまで行こうかなと考えちゃうんですよね。

とにかく道を引き返したくない、という悪い癖。

まぁ、新しい発見があったりもするので、イイこともあるんですが。

今回は途中で山にへばりついたような鳥居と石畳を発見。

Nec_0477

自転車を降りて分け入ってみました。

杉に囲まれた石段を登った先にあったのは、都波只知上(つばしちがみ)神社。

山中の小さな社といった趣でしたが、式内社なんですねぇ。

遷座していて、以前はもっと山奥にあったそうなんですが。

じっくり見たかったのですが、時ならぬ獲物に色めきたつ蚊たちの襲撃がものすごくて早々に退散。

また来ます。

 

神社を後にして、どんどこ山を登る。

久しぶりのヒルクライムですが、色んなムシも見つけられるし、それほどしんどくない。

小1時間ほどで山上に着きました。

Nec_0486

おぉ!下界が霞む。

山を登ってる間も誰にもすれ違わなかったなぁ。

ここではたと悩む。

いま山頂。来た道を下るか、目の前に見える未知の道を下るか・・・?

いま来た道を引き返すのはシャクだけど、どこに出るかわかってる。

先に進む道は、どこに降りるかわからない。とんでもないところに降りちゃったら、帰るまでに相当かかるかも・・・

5分ほど悩みましたが、結局は行ったれぇ~!と先へ進むことを決断。

いつか痛い目見るな・・・

ただ、今回は正解。

結局、用瀬に出てこれたのです。

Photo

地図で見ると、かなり大回りした上に、200m以上登ってますね。

う~ん、体力の無駄遣い。

ただ、山頂からの下りは大きなRのついたカーブで、最高時速49.7kmをマークしました。

競輪選手気分を味わえたので、ヨシとしましょう!

 

さすがに疲れたので、用瀬で休憩。

Nec_0488

用瀬は町の真ん中を流れる千代川に雛を流す、流し雛で有名。

写真の橋を通ると、おひなさまのメロディーが流れます。

30度を超えるような暑さの日に聞く曲じゃないな・・・

Nec_0487

せっかくだから、流し雛の館に入ってみました。

館内は各地、各時代の雛人形がたくさん。

御殿飾りを使った豪華な雛人形が目を引きました。

2階には市松人形もたくさん。

人形怖い!のこぎにとっては、この館の学芸員にはなりたくねぇ・・・の感想のみ。

まぁ、女性は雛人形に思い入れがある人も多いでしょうから、とても面白いんじゃないでしょうか。

 

Nec_0501_2 いい休憩になりました。

さらに南下、智頭を目指します。

こちらは智頭洞門。

自転車で通るようになって気がつきましたが、トンネルの中って涼しいですねぇ。

暑い日にはかなり癒されますhappy02

Nec_0496

上に見えるのは昨年開通した鳥取道。

これができてから、53号線はすっかり通らなくなっちゃったなぁ・・・

感慨にふけりながら走り続け、やっと着きました智頭!

Nec_0498

去年行った石谷家住宅はパス。

お腹減ったので、酒蔵を改装したという梶屋茶屋へ。

00 こちらの諏訪酒造で造られる大吟醸「鵬(おおとり)」は夏子の酒でも出てきた名酒。

う~ん、買ってみたいけど、高くて手が出ない・・・

諦めて酒蔵うどんという看板メニューを頼んでみることにしました。

Nec_0499

おぉ~!おいしそうですねぇ・・・

ん?この香り・・・

しまった!酒粕うどんやん!

好き嫌いのないこぎですが、酒粕だけは苦手。

慌ててメニューについてる紹介文をよく読むと、鵬の酒粕を使ったうどんなんて、ちゃんと書いてありました。

あちゃぁ、でもまぁ、腹減ってるし・・・

んん?うまいよ?

なんだ、いけるやん!

味覚が大人になったのか、鵬の酒粕が特別なのか、大変おいしくいただけちゃいました。

粕汁のような味なのですが、味噌は使ってないそうで、ダシと酒粕でこのお味。

いやぁご馳走様でした!

 

すっかり満足して、帰りはスムーズ。

一度、鳥取市内まで出て元湯温泉に浸かり、疲れとケツの痛みを落とす。

(ホント痛いんですよ・・・ パッド付きのパンツ買おうかな・・・)

気になる本日の走行距離は71.7キロ!

最高記録ですねぇ。

そのうち自転車で帰省できるんじゃねぇかな?smile

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/352403/20474411

鳥取ポタリング ~用瀬・智頭を参照しているブログ:

コメント

いやいや、パッド付きのパンツでも痛いものは痛いんですわ。
なんかお尻にやさしいアイテムはないもんでしょか。
しかし、普通の週末で70km超はよく走ってますねー
私は長期休暇の自転車旅行以外は長距離乗る事はほぼ無いです。
地球とお財布の為に夏は自転車で帰省しましょー

パッド付きでも痛いのかぁ・・・

サドルのせいもあるかと思い、いろいろ変えてみてますが、やっぱり距離走るときますね。
GEL入りのサドルカバーはわりとよかったんですが、ずれたりして感触悪かったんですよねぇ。
思い切ってレーパン履くしかないのかなぁ・・・

コメントを投稿