ブログパーツ

Powered by Six Apart
Member since 07/2008

« 2009年6月 | メイン | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月26日 (日)

アータ誕生日 2009!

早いもんで、アータももう3歳!

なんか2歳の誕生日のときよりも甘えん坊になった気がするけど、元気に育ってくれてます。

母ちゃんの抱っこ と 戦いゴッコ をこよなく愛する3歳児。

目下の興味は仮面ライダーディケイドポケモン。

コータが3歳の時にはあまりこういった番組には興味を示さなかったもんだけど、やっぱりお兄ちゃんがいると影響されるもんだねぇ。

Nec_0541

誕生日プレゼントは、ディケイドのベルト、ディケイドライバーと、コンプリートフォームに変身するためのケータッチ(一応こちらはアータだけにプレゼントがあると拗ねるコータに、ということになってるが)

もうすぐディケイドの放送が終わるのに・・・

まぁ、喜んでるからいいかhappy01

しかし、この2つのオモチャ、非常に出来がよろしい。

劇中そのままのサウンドで鳴りまくるもんだから、この人が喜んじゃって・・・

 ↓

 ↓

 ↓

Nec_0544

2009年7月25日 (土)

シンクロ

チームフリー決勝の日本の演技
息のあったダイナミックな動きにアータも目が離せないようだ

鼻になにちゅけてんの?
逆さまだー!
たしゅけてー!

など盛り上がりながら見ている
カワエエなぁ(^-^)

2009年7月23日 (木)

土用丑

ウナギ大好きです。

いっぱい食べたいので安い中国産をよく買ってましたが、昨年の産地偽装問題なんかでなんとなく買い控えしてました。

でも現場に出てると、なんとなく精のつきそうなウナギが魅力的ですね。

 

せっかく土用丑だし、ウナたま丼やってみました。

安かった中国産ウナギを細切りにして、そばつゆにウナギについてたタレ、酒、みりんを足したもので煮る。

(しかし、そばつゆ大活躍だな・・・)

その後、とき卵を落としてできあがり!

Nec_0530

初めて作りましたが、とても美味しい。

普通の鰻丼より、こちらの方が好きかもhappy02

護衛艦やまゆき

賀露海水浴場で泳ぎに行ったとき、鳥取港に停泊している大きな船が気になっていたのですが、その「護衛艦やまゆき」が一般公開されるとの看板を見つけ、急ぎ行ってみました。

P1030701

グレー一色の塗装がいかにも自衛艦。

別にミニタリーマニアじゃないですが、やっぱりかっこいいですね。

少し興奮しつつ船上へ。

ミサイルランチャーや魚雷発射装置など、横についた若い自衛官さんが熱心に説明してくれます。

感じよかったですよ。

チビ達も双眼鏡を覗いたり、操舵室のキャプテンシートに座ってみたりと大はしゃぎ。

ちょうど、甲板に出たときに、対空射砲と、ASROCランチャーの稼動実演をやってくれました。

P002

思った以上に静かで俊敏に動く砲台。

1分間に80発撃てるそうな。

P001

ASROCは潜水艦用のミサイル。

8門の砲筒が キョワン!プシュー! とかいいながらぎゅんぎゅん動くさまは、まさにガンダムみたい。

目の前で見れたので迫力ありました。

いやぁイイもん見れた。

前のブルーインパルスといい、自衛隊関連のまつりが多くありますね。

子供の頃からたくさん参加してたら憧れちゃうかも。

2009年7月21日 (火)

若桜町 満喫ツアー

週末、家族が来鳥。

初日は海水浴に行ったので、日曜日は山方面(若桜町)に出かけることに。

おもしろそうな所を探しながら、29号線を南下。

船岡竹林公園では、キャンプ場でいくつかのムシを見つけ、満足満足。

整備されたテントサイトは、ミズゴケのマットもあってふかふか。

またぜひ来たいものです。

管理棟のおばさんがとても親切で、チビ達に鯉のエサやりをさせてくれました。

P1030664

もっとエサやりをしたいと泣くアータを引きずるようにして、大江ノ里自然牧場へ。

実はここ、ウシやウマのいる牧場を想像して向かったのですが、牧場という名のシャレたバームクーヘン専門店?でした。

水曜、日曜には焼き立てバームクーヘンが食べられるとのことで賞味。

ほかほかと温かいバームクーヘンは卵とバターの香りが豊かで、来た甲斐あったなぁと思わせるものでした。

食欲に負けて写真を撮るのを忘れたので、画像はなし。

手書きブログにヨメの絵が載っていますsmile

 

甘いもので少し腹を膨らませて、若桜の道の駅に移動。

ここでは、若桜鉄道を走っていたSLが見れるはずが、午前中に小学生の見学があったとかで午後の展示は中止。

残念がるコータでしたが、道の駅の対面にある中ノ島公園の滑り台に機嫌を直し、飽きることなく滑っておりました。

しかし、鳥取は少し大きな公園になるとローラー滑り台があるなぁ。

 

その後、若桜町歴史民俗資料館に。

P1030673

三百田さんというスゴイ名前の方の屋敷が移築してあり、中の見学ができました。

外の暑さに比べると中はひんやりしており、縁側は風が通って気持ちいい。

いい休憩になりました。

 

もう少し南下してみようと、岩屋堂に向かう。

ここでは三佛寺投入堂とおなじく、舞台造りのお堂が見える。

子連れで投入堂はムリなので、ここでガマン。

P1030686

行ってみると、いや、結構迫力あります。

岩窟の中にはめ込まれたようにそびえるお堂。

残念ながら近づくことはできませんが、険しい崖面と周囲の杉の木は修験道の雰囲気バッチリです。

見学の後、お堂の前を流れる川で足を冷やしていると、流れの緩やかな岸沿いにオタマジャクシがたくさん。

タゴガエルかな?

 

結構移動しているようですが距離はそれほどないので、まだまだ行けます。

せっかくここまで来たのだからと、氷ノ山の麓にある自然ふれあい館「響の森」へ。

入館した途端に激しい雨で、館の周囲の自然を堪能することはできませんでしたが、館内はとてもおもしろくチビ達も満足。

P1030692

森に住むノームが自然のことについて教えてくれる、という趣向で、こんなジオラマもあります。

これで入館無料ってんだから、スバラシイですね。

館のすぐ近くではモリアオガエルの泡巣なんかも見れるそう。

また天気のいい日に訪れて、周辺を見て周りたいですねぇ。

2009年7月17日 (金)

ルリタテハ

またまたヨメからムシ発見メールが。

「ルリタテハ捕まえた」

おぉ~! すごいなぁ!

ルリタテハといえば、4月に太閤ヶ平に登ったときに飛んでいるのを見つけたものの、撮影のチャンスすら与えてくれなかったすばしっこいヤツ。

どうやら、我が家のベランダに遊びに来たところをコータが見つけ、ヨメが網で捕ったようです。

よく逃げられなかったもんだ。

 

飼えるムシではないので逃がす前に写真を撮るよう連絡。

また上手に撮ってくれました。

P1030643

翅の裏側は暗褐色の地味な色。

でこぼこにも見える陰影は樹皮そっくり。

これで森の中にいたら見つけられないでしょうねぇ。

タテハチョウは枯葉に似た、赤というかオレンジというか、暖色傾向の色合いがキレイなんですが、ルリタテハはとにかく隠密性が高い感じがします。

オシャレよりも実用性といった感じ。

 

でも翅の表側は上品にオシャレ。

P1030651

瑠璃というか藍色の中に水色の帯がキレイ。

こうした配色ってすごく日本的な感じがします。

そういえばアオスジアゲハも同じ配色ですねぇ。

翅が少し破れていますが、カゴの上でしばらく休んだ後、元気に飛び立って行ったそうです。

天気予報・・・

この3日間というもの、天気予報に裏切られ続けてる。

連日の雨、雨、雨予報。

実際に降ったのはごく短時間か、お湿り程度の雨。

信じて現場を止めたのに・・・

 

晴れ間すらのぞく窓の外を見るたびイライラは募るばかり。

かなんなぁ・・・

イタダキお野菜

Nec_0462職場の同僚が最近、祖父ちゃんチ直送の新鮮な野菜を持ってきてくれる。

まだ泥が付いているような瑞々しい野菜は、とても味が濃く、いただくのがとても楽しみ。

 

今回はナスにジャガイモ、キャベツをいただいてしまった。

一人暮らしのこぎなら、これで数日はしのげます。

ありがとう!

感謝を込めて丁重に料理しました。 

Nec_0463_2

まずひとつめは、ナスとジャガイモの味噌炒め

味噌のほかに砂糖とみりんを加えて甘めの味付け。

白いごはんにめちゃ合います。

夜は丼に、昼は弁当にの活躍。

Nec_0464_2  

もうひとつはナスとタマネギ(これもいぜんにもらったもの)とシイタケのミートソース煮込み

レトルトのミートソースに牛ミンチと野菜を加えただけですが、えらいこと美味く仕上がりました。

これまた3食ほどお世話に。

Nec_0516

買ってきた甘長唐辛子を加えて、ナスの揚げびたしを作りました。

ダシはめんどくさいので、できあいのそばダシに生姜と鷹の爪を加えた簡単ダシ。

揚げたてのアツアツも美味しいけど、冷蔵庫で冷やしてから食うとめちゃウマ!

食欲のなくなる暑い季節に常備菜としてヘビロテ間違いなし!happy02

Nec_0508  

ウインナー&豚肉と一緒に炒めたキャベツは焼肉のタレ味に。

若鶏の甘酢あんかけ(スーパーの売れ残り惣菜)と一緒に弁当に。

朝、作り立てを食べたときはもう一つな感じでしたが、弁当に入れると味が馴染んだのか、いいお味。

 

いや、ホントありがたいっすdelicious

Oさんに感謝、感謝!!

2009年7月16日 (木)

まだまだ若造ですから

卒業以来、会ってなかった大学の同期と呑んだ。

もう何年ぶりだろう(歳がバレるのであえて書きませんがsweat01)。

あの瑞々しかった学生時代を思い出せば、なんとおっちゃんになっちゃったことか(まぁ、中身はあんまり変わってないけど)。

呑む酒もビールやカクテルから焼酎になってしまった。

いまはお互い子持ち。

家庭の事情や仕事のこと、ありきたりな悩みも抱えるようになっちゃったねぇ。

それでもあの頃のように、明るく楽しく過ごすこと、根拠のない自信と楽観的な未来は失っちゃいかんよね。

まだまだ若造。落ち着く歳じゃない。

それぞれのスピードはあるけど、とにかく前に進まんと。

みんな、がんばりましょう!rock

2009年7月15日 (水)

ウスバカミキリ 不意の産気

ムシ好きの私に感化されたのか、結構ヨメもムシ好き。

道で見つけたムシなんかの写真を撮って送ってくれたりする。

今回、スゴイのを送ってくれました。

D1000070

以前にもアップしたウスバカミキリさんですが、なんか変。

オシリのところ、変な管が出てます。

D1000069

よく見ると産卵管を出して卵を産んでるんです!

このカミキリ、道端で急に産気づいてうずくまっているところをヨメが見つけ、サクラの木に止まらせてやったそうです。

ヨメは イイことをした! ように思っていたようですが、 

このカミキリの幼虫は、ブナ、ヤナギ、イチジク、モミ、アカマツなどいろいろな樹木をエサとするものの、サクラは入ってないんですよねぇ・・・

まぁ、樹表に産卵している時点でダメなんですけどね。

(この後、卵にはアリがたかっていたそうです・・・crying

 

ともあれ、貴重な瞬間を えぐいアングルで撮影してくれたヨメ に尊敬と感謝!