ブログパーツ

Powered by Six Apart
Member since 07/2008

« 2009年1月 | メイン | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月21日 (土)

カキ焼ツアー2009 その後

これまでの記事にもたくさんコメントくれてますが(アリガトnotes)、今年のツアーにはM宅くんの彼女が参加。

おそらくはそんな彼女の気配りと思われますが、こぎ家に手土産を買ってきてくれていました。

こっちは手ぶらで行ってたのに申し訳ないcoldsweats01

帰ってきて開けてみると、なんとも立派なバームクーヘン!

私は酒飲みですが、こういう甘いものにも目がないんですよねheart04

P1030311

(いただいたものは一輪(?)丸ごとのホールです)

早速いただいてみました。

ウマッッ!happy02

しっとり感といい、甘い香りといい、上品な甘さといい、最高です!!

ホント美味しかったので、ご近所さんにもおすそわけしました。

そしたらなんだか有名なお店のものだったんですね。

大変喜ばれたようで、ご馳走様メールがヨメの元に来てました。

う~ん、この辺のチョイス。ますますM宅くんの知恵ではないな。

ひろこさん、ありがとうございました!!

そうそう、ついでのように書いては恐縮ですが、S田さんカップルからもお菓子をいただきました。

ホント、もらってばかりで申し訳ない。

こちらはアソートってんですかね?

クッキーとフィナンシェとかの焼き菓子の詰め合わせ

P1030308

これがまた!クッキーがウマぁて!

私はステラおばさんのクッキーが最強だと思っているのですが、このいただいたクッキーも全然負けてませんね。

こういうアーモンドとかゴマとか、なんか混ぜ込んだヤツが好きheart02

しばらくはヨメとの争奪戦になりそうな(チビにはもったいない)。

これも絶対、S田さんチョイスじゃないな。

まぁ、どちらにせよ、2カップル様、ありがとうございました!!

またくださ~い。

2009年2月20日 (金)

カキ焼ツアー2009 その4

さぁって、最終記事です。

微妙に不満足ながらも徳島ラーメンを食した我々一行。

最後の目的地、渦の道にやってまいりました。

そもそもココに来ることになったのはM宅くんの提案。

実は私は一度行ったことがあったのですが、前回わりと面白かったのでまぁ賛成。

S田さんはあまり乗り気ではないようで、なにやらブツブツ言ってましたがとりあえず無視して行こうということになりましたsweat01

渦の道は、鳴門大橋の下に設けられた施設です。

P1030227

まぁ簡単に言うと、鳴門の渦潮を橋の下の通路から覗き見れるという観光施設。

ガラス張りになった床からは、45m下の渦潮を見ることができますtyphoon 

P1030224

最初は怖がっていたチビ達でしたが、次第に慣れてきて楽しそうに覗いていました。

でも、もっと楽しそうだったのがこの人。

P1030234

なんか、あまり気乗りしない感じじゃなかったでしたっけ?

誰よりもノリノリなんですけど・・・sweat01

まぁ、行った甲斐があるってもんですよね。

ちょうど干潮で渦潮がよく見える時間だったこともあり、観潮船がたくさん出ていました。

その中でもひときわ大きな船 「咸臨丸」 にはたくさんの人が乗っており、甲板から渦潮を見ています。

P1030222

上から見ていると、なんだか難民船のように見えて妙にオモロイ。

そうそう、渦の道入口付近の土産物屋の横では鳴門金時ソフトなるものが売っており、目ざとく見つけたヨメが知らんうちに買ってました。

Nec_0012

これがまた、あったかいふかしイモの上にソフトクリームを乗っけてあるという、なんだかなぁ、大丈夫なの?って代物でしたが、喰ってみるとうまいうまい。

あったかいイモと溶けたソフトを一緒に喰うとなんとも言えない甘み。

パリパリのイモの皮も美味かったですね。

350円もするのですから、もう少しボリュームが欲しい気もしますがdelicious

家族4人で一杯のソフトを堪能させていただきましたbleah

2009年2月19日 (木)

カキ焼ツアー2009 その3

夢のようなカキ焼きの翌日。

M宅くんは、酔い潰れたダメージからか、10時を過ぎてもなかなか起きられなかったようで。

S田さんは早起きしてシンケンジャー見てるのにね?

疲れもあるし、帰途に着きながら、うどん食って、徳島ラーメン食べて、渦の道を観て帰ろうかという話になりました。

ちゅうことで、うどんは津田の松原の道の駅にある、松原うどん

道の駅とか、サービスエリアとかに併設されている食い物やさんって、なんかあまり美味しそうに見えないじゃないですか?

でも、この松原うどんはイイ意味で予想を裏切ってくれます。

これまでにも何回か足を運んでますが、コシのある麺とあっさりしたダシ、リーズナブルな値段はいつも満足させてくれます。

今回も美味しくいただきました。

さて、うどん喰った後は11号線を海沿いにドライブ。

徳島に向かいます。

以前に食べた安部のラーメンが美味かったので、徳島大学北側にある店に向かいましたが、すでに満車!

他に停めれるところはないかいな、と大学周りを走っていると、大学南側に可成屋という名のラーメン店発見。

なんか、以前に美味いという評判を聞いた(ような気がした)ので、入ってみることに。

店内は喫茶店のような洒落た感じ。

壁にはカクテルに使うような酒ビンが並んでいるが、いつ出すのかなコレは?

ラーメンは大きく分けて3種類。

ヨメと別々のものを頼み食べてみた。

美味しいんだけど、あっさり。いやあっさりしすぎているような・・・

甘くてコクがあるけど、意外にあっさり、って徳島ラーメンをイメージしている私にとっては、ちょっと物足りなかったかな。

う~ん、安部の前で空くのを待ってればよかった・・・

(今回は写真無しです。つい待ちきれずに撮影を忘れて喰っちゃったからねぇ)

Image091

  ↑ と書いてたらS田さんが写真送ってくれました。マメだねぇ。

この写真のラーメンの上に乗っているのが、四万十あおのりです。

イイ香りがして美味しかったなぁ~。

高知に行ったら売ってるんだろか?

2009年2月18日 (水)

コータパンダ、りべんじ!

以前に食べそこなって悔しい思いをしたクォーターパウンダー。

(前の記事はコチラコチラ

ついに発売開始というので、昼飯がてらリベンジに行ってきました。

いっそのことならと、 ダブルクォーターパウンダーチーズ に惹かれましたが、ちょうどサービス券を持っていたので、おとなしく シングル?クォーターパウンダーチーズ を注文。

Nec_0017

う~ん、期待が高まりますなdelicious

パカリ。

Nec_0018

シングル?のせいか、正直見た目にはあまりインパクトを感じません。

でもはみ出したチーズ、こぼれ落ちるスライスオニオンがイイ感じ。

さてと・・・、いざ!

ガブリ。(by キバットバット3世)

うん!美味しいです。

確かにパティの肉感はアップしてます。

ボリューム感はそれほどでもないけれど。

それよりも気に入ったのは、たくさん挟まれたスライスオニオン

わざとかどうか知りませんが、ピリリと辛い

これ、小さい子供は食べれないんじゃないかなぁ。

でも、辛い生玉ねぎの大好きな私には、ある部分でしつこいパティの油っ気を上手に消してくれるようで高評価。

まぁ、3時間並んで食べるほどの味ではないかもしれないけど、確かにウマイ!

一度はご賞味あれ。

2009年2月15日 (日)

カキ焼ツアー2009 その2

さて、やってきたのはいつものわたなべ

ここは調味料が充実しており、飽きずに食べれます。

飲み物・食べ物ALL持込オッケーのフリーダムさも素敵。

(カキが食べれない人も、肉とかエビとかとにかく食べられるものさえ持って行けば、勝手に鉄板で焼いて食べれます)

なんか、以前にTVの旅番組で紹介されて以来、客がどっと増えたとか。

う~ん、年に一回とはいえ、常連としてはなんかやだなぁ。

席に着くと、早速来ました。カゴに入った山盛りのカキ。ぐふふ。堪りませんdelicious

P1030210

鉄板の上にガラガラと投入。

殻の丸い方を下にして、10分ほど待ちます。

しばし待った後、口の開いたカキから、開いてみると・・・

P1030214

うっは~!!堪りません!

これですよコレ!これを一年待ってたんです!!

夢中でかぶりつくと、カキの香りが口中に!

持っていった酒もすすむすすむ。

ホント幸せですねぇhappy02

P1030216

途中から、香川のツレも加わり、総勢8名の宴会。

いやぁ、楽しい。

来年もこの8名でやりたいもんですな!M宅くん?

P1030218_2 喰いも喰ったり、床に置いた殻入れのバケツはこぼれんばかりになりました。

コレ、もちろん8名分ではないですよ?

私とヨメの食べた分です。

ヨメはそこまで食べてないので、やっぱりバケツ一杯分くらい私が喰った計算。

それくらい美味しいんですよ。

締めのカキご飯、味噌汁もしっかりいただきましたし!

カキ焼ツアー2009 その1

あまり知られてませんが、香川はカキの養殖が盛ん。

旬の冬場には、カキの鉄板焼きを食わせてくれるお店が港にいくつも開店します。

カキ好きの私とツレ達は、毎年このカキを楽しみにしており(前回はコチラ)、今年も元気にカキ焼ツアーを敢行しました~!

とはいっても、カキ焼は夜の楽しみとして、せっかく香川に行くのですから、まずはうどん。

県立図書館近くの三徳へ。

ほぼ満車状態の駐車場に、期待しながら入ったのですが、

・・・う~ん、美味しいけどそれほど感動はしない。

値段が高いんですよね、ちょっと。

セルフで500円くらいされるとちとツライ。

やはり、アナゴ天を食べに源平うどんに行くべきだったかな。

というわけで、少し低調な滑り出し。

まぁ、気を取り直して、腹ごなしに四国村に行ってみましょう。

こぎ家は以前に行ったことがあるのですが、古民家が移築してあったり大変イイ感じの公園(博物館)です。

P1030184

囲炉裏で火を炊いていたおじさんに焼きイモをもらっちゃいました。

黄金色に焼き上がった甘いイモに、子供たちも大喜びhappy01

(一人増えているのは、ウチの長男、いやいや甥っ子です)

P1030192

大変ラッキーなことに、2月だというのに異様な暖かさ。

ミモザが可愛らしい花を咲かせていました。

P1030202_2 他にも水仙など、いまが見ごろとばかりに咲いており、公園内は甘い香り。

結構広い公園(ゆっくり全部周ると1時間は優にかかる)ですが、子供たちも元気よく歩いてくれました。

さぁ、腹を空かせてカキ焼に臨みますぞ!

2009年2月13日 (金)

ココア風味の鼻くそ

Hさんからお土産をもらいました。

カニ食べに行ってたらしい。うらやましか!

いつも変なおもしろい土産を買ってきてくれるHさんですが、今回もまたおもしろいものをくれました。

P1030160

ウシの鼻くそらしいです。

これにはチビ達大喜び。

P1030161

まぁ、中身はココアチョコにくるまれたナッツって感じのお菓子です。

アータが独り占めしかねない勢いでバカ食い。

ありがとうございました!

2009年2月10日 (火)

六甲山スキー

子供が生まれてから、スキーにほとんどいけてない(特にヨメは)。

子供たちも大きくなったし、そろそろ連れて行けるかと、慣らしに六甲山人工スキー場に行って来ました。

初めて行きましたが、近い近い。

家から1時間半ほどでゲレンデに到着

P1030121 暖冬の最中、人工雪も積もらないのか、オープンしているのは第1ゲレンデとスノーランド(ソリなどの雪遊びができる)のみ。

この通り、リフトの下は雪なんかない、普通の山。

第1ゲレンデは260m

短い短い。あっという間に麓に着きます。

またリフトが遅い。ファミリー向けのゲレンデだから仕方ないですけどねsweat01

やたら雪が重く、斜面でもスピードが落ちて止まりそうになるほど。

特に麓付近はワザとしているのかと思うほど。最初は突っ転びそうになりました

まぁそれでもグルグルと十数本くらい滑ったかな。

P1030135

午後からはヨメと交代し、チビ達とソリ遊び。

まぁビビってましたが楽しそうに滑ってました。

スノーランドにはリフトなどないので、斜面をえっちらおっちら登ります。

ソリ遊びがよほど楽しいのか、アータも数え切れないくらい登りました。

雪遊びと足慣らしと思えば、お手軽に行けるいいスキー場ですね。

P1030148 これは私とヨメの板。二人ともファンスキー(スキーボード)という短い板を使ってます。

 私:Bluemoris 八甲田 100cm

 ヨメ:K2 fatty 90cm

持ってくのも楽だし、滑っていても色々できて楽しい。

アイススケートをやってれば、最初からかなりウマク乗れるような気がします。

2009年2月 8日 (日)

ワラジムシ

最近、ムシ記事に困っているだろうと、友人からネタ支援メールが送られてきました。

開けてみると、とんだグロ画像が!!

苦手な人注意です 

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

Image079

んっきゃ~!!

アズキ?アズキなのか!?

足が生えてるんですけど!!

なんだか、エサ用に買ったワラジムシが可愛くなってしまったので、そのまま飼育しているんだそうな。

これとコレを許している同居中の彼女にココロから敬意を表しますデス。

2009年2月 7日 (土)

コータの発表会

本日は、コータの幼稚園の発表会。

赤ずきんの劇をするんだと張り切ってたコータでしたが、あのインフルエンザ騒動で、一週間幼稚園を休み、劇の練習ができなくなりました・・・

復活してからも練習についていけないのか、登園拒否になりかけsweat02

今日はついに本番でしたが、やはり舞台上でほとんど動けず。

最後は半泣きになってました・・・

もともとアガリ性の上に、動きやセリフを覚えてないわけですから、そうとう辛かったようで・・・

う~ん、かわいそうだったなぁ。

終わった後は、母ちゃんに抱っこされて号泣!

もう発表会はイヤ!見る人がイイ!(観客になりたい)

と強く訴えておりました。

3月には習っているピアノの発表会もあるんだけど、大丈夫かな・・・?