ブログパーツ

Powered by Six Apart
Member since 07/2008

« 2008年7月 | メイン | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

車検

そろそろ子供も大きくなってきたし、3列シートのデカイ車欲しいなぁ。

とは思うんだけど、先立つものはナシ。
この原油高では、フィットに乗り続ける事が得策と、5年目の車検を通してきました。

だいたい、1回目の車検はユーザー車検で済ますんだけど、さすがに2回目はねぇ。
メンテなんかしてないから、クルマにガタが来てるかも・・・
近所の工場に持って行くことにしました。

車検は1時間くらい。
展示車のtantoに乗り込んでご機嫌のコータを遊ばせつつ、仕事の原稿校正。
なんかヨソでやるとはかどりますね。仕事って。

途中で聞いてきた「オススメの部品交換」(プラグやらブレーキパッドやら)を全て断ったので(緊急じゃないってゆうもんでsweat01)、安く早く終わりました。

少し前から発進時なんかにエンジンの振動が大きいなぁと思っていたので、聞いてみたらどうやらホンダの仕様(初期不良)らしく、ディーラーに行くよう薦められました。
ジャダーって言うらしいんだけど、CVTのオイル入れ替えで直ることがあるそうな。

で、行ってみたらビックリ。
クラッチ部品の総とっかえが必要とのことで、来週フィットが3日ほど入院。
まぁ代車にシビック貸してくれるからいいけど。

あ、もちろん交換工賃や代車は無料。
新車保障は5年までなので、調子の悪い方はディーラーにも顔を出しましょう。
特にフィットのCVTの不具合は、保安基準には抵触してないのでリコール騒ぎにはなってないけど、初期の前期型はCVTのオイルに不適合なヤツが入ってるらしいので気をつけて。

直ったら燃費よくなるかなぁ。楽しみsmile

2008年8月30日 (土)

イナゴ

これも神庭の滝。ホント生き物が豊富でしたhappy01

Inago

一心不乱に食事中のイナゴ青年ですね。
もう一皮剥ければ大人といったトコでしょうか。

私も早く脱皮したいものです・・・

2008年8月29日 (金)

コチャバネセセリ

これも神庭の滝で撮ったコチャバネセセリです。
羽の黒いスジが見分けるポイント。

トイレの前のタタキにいたので、撮影に気を遣いましたsweat01

Seseri

これって実はスゴイ写真なんですよ!
何か変なカッコしてるなぁと思いながら撮ったんです。
コンクリの上に落ちた水滴でも吸ってるのかと。

ところが画像を見ると、どうも違う。
なんでオシリを巻いてんだろう??
口吻の位置も地面の水滴を吸ってるように見えない。

調べてみるとですね、これは「吸い戻し行動」といって、セセリチョウだけがする謎の行動だったんです。
吸い戻し行動とは、オシリから出した汁を自分で吸う行動なのですが、これに何の意味があるのかはよく分かってません。
(鳥の糞とかを汁の水分で溶かし、養分を吸うとかの説もありますが、写真を見てわかるとおり糞などは落ちてません)

写真をよく見てください。
丸めたオシリに口吻の先を近づけてるでしょ?
まさに吸ってるとこだったわけです。

いやぁ イイ写真撮れたhappy02

セセリチョウはシジミチョウと同じく、

「身の回りにいるのに、愛でられないチョウ」

だと思います。

色がねぇ地味なんですよね。
だからみんな「ガ」だと思ってます。
よく見るとかわいらしい顔をしたチョウなんですけどねぇ・・・

とりあえず、簡単なガとチョウの見分け方。
触角の先が少し膨らんで棍棒状になるのは・・・チョウです!
下のサカハチチョウの触覚も見てくださいねwink

2008年8月28日 (木)

サカハチチョウ

神庭の滝で見つけたサカハチチョウ

Tateha

チョウの中でもタテハチョウの仲間は、私の好物ですがサカハチチョウは初見。
割りと水を飲むチョウみたいで、顔に止まって汗を吸うこともあるそうですよ。

名前を漢字で書くと、逆八蝶
内側の羽には黒字に逆八の字が描かれています。
(春・夏の羽化個体で色合いはかなり違うらしいですが)

私は写真を撮れなかったのですが、コチラにキレイな写真がありますので、ぜひどうぞ。
汗を吸う姿も見れますよcoldsweats01

2008年8月27日 (水)

ヒグラシ

神庭の滝の入口付近でシンが見つけたヒグラシ

Higurasi

実は腹の中をキレイに食べられた死体です。
シンがセミの抜け殻見つけたーと言って持ってきたときには、またバカなことを・・・(失礼)と思ってしまいましたが、いやいや確かに抜け殻でしたsweat01
まっこてすまんかった!coldsweats02

蒜山高原ではあちこちでヒグラシの声が聴こえ、とても癒されました。
環境音楽ですねconfident

2008年8月26日 (火)

ウスバカミキリ

アカハナくんと一緒に見つけたウスバカミキリ
名前の由来は薄い翅とのことなのですが、触った感じ、あまり薄くは感じなかったですねぇ。
触角が片方なくなっています。
全長30mmくらいの小さなカミキリですが、気性が荒いらしく、どっかでケンカしてきたのかもしれません。

Usuba

木に戻して写真を撮ろうと思ったのですが、思いのほか足が速く、撮れた写真はみんなブレてました。
カミキリ画像もラミーやサビカミキリなど、集まってきましたねぇ。
でも小さいのばっかり・・・

昔撮ったシロスジの写真をアップしてなかったから、今度アップしとこうかな・・・

2008年8月25日 (月)

アカハナカミキリ

塩釜の冷泉で見つけたアカハナカミキリ

ハナカミキリは花の蜜を吸う小さなカミキリ。
コイツも体長2cmほどでした。Kami

ハナカミキリは体色や模様が派手で、見ていて楽しいですね。
コイツなんかは赤一色で地味なほう

それと、ハナカミキリによく似たカミキリモドキというムシがいます → コチラ
体液にカンタリジンという毒を持っているので、ハナカミキリと間違えて捕まえないようにしましょう。
かぶれますよ~

2008年8月24日 (日)

研究会

本日はまた例のK先生主催研究会。
会場はY市のセンター

Yws

やっぱり古墳時代入ると、調理のバリエ広がるんで把握が難しいねぇ
儀礼的調理の問題もあるし・・・

2008年8月23日 (土)

マンション焼肉会 inやまびこ園

恒例のイベント、マンション友達によるBBQ大会。
今年も滝畑ダムに行く予定でしたが、生憎の曇天に弱い雨。

川遊びができないのなら、と すっぱり諦めることにしましたが、すでに買ってある肉をどっかで焼かなくては。
人数も多いので誰かンチというわけにもいきません。

ヨメさん達の話し合いの結果、富田林にあるやまびこ園という観光農園に行くことにしました。
やまびこ園は「パラダイス」で有名な城山オレンヂ園の近く(というか同じ山)にあります。

夢農場 城山オレンジ園
ザリガニ釣り大会開催中!

など、山のおやじの味わい溢れる手書き看板を横目に見つつ山道を登ると、ありました。やまびこ園。
オレンヂ園に比べると、そっけなさ過ぎるくらいの素朴さ。

Yamabiko

なんでここにしたかというと、テントを張った七厘サイトがあるんですね~
雨でも安心。料金も大人1名500円。駐車料金なし。焼網や鉄板などレンタル無料。
というリーズナブルさ。

すばらしい!
管理のオッちゃん、オバちゃんも素朴でイイ感じです。

デモネ・・・
この七輪サイトを見つめる怪しい人影が・・・

Yambiko2 だれだ!?

栗の木のそばに立っていたのは、インディアン(ネイティブアメリカン)。

攻撃してくる様子はなさそうなので、仲良くしときました。
無口な彼は名前も教えてくれませんでしたが、スー族風に

栗とともに見張る男

と名付けておきましょう。

Yamabiko3

幸い、雨もそれほど降らず、楽しく過ごすことができました。
しかしこのイベント、毎回人数が増えていくのですが、今回はまた多かった!

もう数え切れませんし、数える気もナッシング。
始めたころに0歳や1歳児だった子供たちもすっかり大きくなって、肉もガンガン食ってくれます。
今回は肉5キロ、ソーセージ1キロ、焼そば15玉を投入しましたが、キレイに完食!
去年は肉4キロで余ったらしいんだけどなぁ。
すげぇ!

2008年8月22日 (金)

スジクワガタ

蒜山高原への旅行ではたくさんのムシを撮ることができました。
観光地も楽しかったけど、こちらも私の楽しみ。
夢中になって撮りまくってました。

順番にアップしてきますね~

写真はマス釣り場の隣の畑に生えた木で捕まえたスジクワガタ

Kokuwa

コクワガタと間違えましたが、外羽の上のスジが特徴。
ただし、大型のオスにはスジはないそうです。
ネットで画像を見ましたが、コクワや小さいヒラタと区別がつきません。

クワガタってあまりほいほい取れるもんではないだけに、よく知ってるムシだけど見分けが難しいもんですねぇ・・・